予告通り、本日は師匠Bについて。

うーん、これは難しい。
何故なら、ヨガの師匠では無くて、ビジネスの師匠だからヨガのテーマから外れていくかも、と言う恐れが。

とは言っても、ヨガビジネス、の師匠なんで全くヨガと関係ない訳では無いのですが。

師匠Yの10倍ぐらい目がデカい師匠B、一言で言うと、

突っ込みどころ満載

な方です 
同じ話を3回するとかっていうボケな感じではなく、イケイケGO!GO!感がありすぎて、ヨガっぽくないタイプで。
結構、えっ!それ言っちゃう!?、な感じの失言もちょいちょい、あります。
が、それでもその失言を補って余りある、なんつうか、実体験に基づいた実用的な教え、にはやっぱり頭が上がりません。

ヨガ+ビジネスって?と言う方の為に説明します。

まず、現在ヨガのインストラクターの養成講座の数、そしてそれを修了して実際にインストラクターとして教えている人の数、世の中にどれぐらい居ると思いますか?
私も、数は知りません! でも、ヨガ関係の雑誌・FB・ホームページ見るとインストラクター養成講座の多いこと!!
これじゃあ、修了しても数に限りのあるヨガスタジオや、フィットネスジムなどにイントラとして登録するのも一苦労、相当の倍率を潜り抜けないと登録してもクラスを持つチャンスなんて中々やってきそうにありません。

そんな中、ヨガの出来るところが町の歯医者の数並みにあっても良いんじゃないか?(歯医者って表現は私が勝手に解釈してます)、という考えで小さなとこからコツコツと、草の根的にヨガクラスを開催できる場所を増やして行こうぜ!でその手法は…!、と言うのが師匠Bの講座のコンセプトです。

もともと、私のヨガ友にも『ライセンスは取ったけど教えてないや~』って人が多くて、なんでだろう?ってずっと思ってました。
教えたくてライセンス取っても教える場所がない、もしくは教える現場に入っていく行き方が分からない、そんな人が多い現状。
私が受講したティーチャートレーニングを主催したヨガジェネレーションでは、とにかくライセンス取ってそれを実際に使う卒業生に仕上げたい!、という意気込みが主催者側から感じられました。

まあ、そんな鼻息荒い感が、ヨガっぽい世界観にどっぷり浸りたい、と言う人には向かないのかもしれませんが、インストラクターもそれで生計を立てて行こうとする以上は、食べていけるようになるだけの収入を得る手段も知らなきゃいけない訳ですから。

ヨガには『カルマヨガ』と言う考え方があって、無償の行為で還元する、教えを受けたら今度は自分がボランティアスタッフになって生徒として学びに来た人のサポートに尽くす、という感じでインドの道場なんかでは教えるスタッフが全員ボランティア、と言うところが多いんです。
もちろん、永久にボランティアをする訳では無いですが、そういうところでイントラの資格を取った友人は、中々仕事としてヨガを教える所に入って行くきっかけがつかめず、結局修了しても教える自信を持てないまま時間が経ってしまった、と言う人が多かった。

カルマヨガと言う考え方もヨガを極めていく上で、とても大事ではあるのですが、卒業生をそういう有資格休眠者にしたくない、と言う思いがヒシヒシと伝わってくるのがビジネス講座でした。
思いが熱過ぎて、クールなTOKYO女子ドン引き(師匠は関西人)、な場面も多々ありましたが却ってそのショックが良かったのか絶対その仕事辞める訳ないでしょ!、と言うぐらい堅い職業についていた仲間が修了後に『本格的にヨガを教えていきたくなり、仕事を辞めました』と! それも、一人や二人じゃない!!

師匠Bについて語るには、その人の人格そのものを語るより、その人の教えによって周囲の人にどういう変化が起こったか、を説明した方が理解してもらいやすいと思いました。
それぐらい影響力は大きい。

その熱い(暑苦しい?)情熱故か、忙しすぎて表情にイライラが出ているのか、誕生日に主催するスタジオのスタッフから

『イライラしない術』

とかってタイトルの本をプレゼントされてました。
愛されてますね~

ヨガゼネレーション
http://www.yoga-gene.com/

オハナスマイル
http://www.ohanasmile.jp/

明日は何を書こうかな~♪



スポンサーサイト

あっという間に一週間経過・・・

師匠 其の1

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。