皆さんこんにちは、YOGAZARU今年3回目の更新です。

Androidケータイで撮った写真をPCに移すの、皆さんはどうやってますか?
PC側にBluetooth機能が無いのが本当に不便!!
毎回、携帯から自分のGmailに写真を送って、PC側でダウンロードして移す、って手間をかけてます。
なんか効率悪い

今年に入って、今までぼんやり、もやもやしていた事がクリアにはっきりとしてきました。
曖昧だったり、グレーゾーンだったりでセーフにしてた事も、今年は白黒、はっきりさせたい意識が強く。

今まで、他の流派やメソッドを批判するような組織の養成やセミナーも、そこのメソッドに何かしらの良さがあるなら
聞いてやろうじゃないの、というスタンスで居られたんですが今は

『他の流派の批判や悪口聞いてる暇はこちとら無いんだ!
そんな事に人の時間を使うならお宅のメソッドは必要無いぜ!』


って感じで、ぷいっってなります。
ピラティスやってから、ちょっと交感神経(イケイケgogoな状態にする神経)が高めになっているかも。
アヒンサー(非暴力)は衝突しない事、って捉えていたけど違うな~って。
非暴力≠非衝突です。
ここで言う暴力っていうのは相手に直接的な腕力・武力を行使する事では無くて、言葉や間接的に相手を傷つけることも含みます。
衝突はしても良いかも、って思います。
衝突にはエネルギーを要するの。
だけど、そこでエネルギーを使う事が、身体が疲れて弱ってくると発熱して滅菌するように
衝突のエネルギーが色んなものを浄化してスッキリさせてくれる。

私のヨガ仲間がすごーく有名なインドから来日しているヨガの師の養成講座に参加したんだと。
で、最初に結構な時間を割いて他の流派や養成で習ったヨガはすべて忘れろ、そんなものはヨガじゃない
今までのものは意味が無い事、あれはダメ、あの人はダメ・・・・・とにかく聞かされる、と。

『いい加減うんざりしてくるんだけど、その後に習う内容が、
怪我や事故で身体の機能が損なわれている人や
体が動かなかったり曲げられなかったりした人でもスルっと出来ちゃったりして、
やっぱり肉体的には有効なメソッドなんだな、と思う訳よ。
でも会場や師匠の放つ雰囲気が苦痛なのよ。』

と通っていた友人は語っていました。
結構な金額だったけど、途中で通うのを放棄した所、運営サイドから
『どうしましたか?』
と連絡が来たそうで。
適当に体調不良や仕事の都合を理由に言い訳するか。
本当の事を言うか。
かなり迷って、彼女は衝突を選んで。

『体には有効な事を教えてくれるのは確か。
だけども他の批判や否定の言葉を聞かされる苦痛のが
新しい事を学びたいという気持ちを上回るので
もう行きません。』

衝突は言葉の暴力や更なるネガティブな気の応酬にはならずに
運営側からの
『それは気付きませんでした。今後は気を付けたいと思いますが
当メソッドと他の比較に無くてはならないものだった。』
という謝罪と説明はあったそう。納得は行かなかったけど、と。

でも、言ってスッキリした―、嘘でごまかさないで良かったよー、と私の友人。

衝突が毎回こんな風に美しく終わるとは限らない、けど。
私も、これを飲み込んでモヤモヤし続けるよりはっきりさせたのは
心の断捨離になったんじゃないかな、と思うのです。
衝突回避してたら却って後引いて、彼女がそこに対して持ち続けるネガティブな気に染まって行ったかも。

抱える荷物は出来るだけ少なく、ね。

昨年から、ブログやFBって自己表現なのか自己宣伝なのか?とずっとモヤモヤしていた私。
あの、ブログに書いている事と実行動が極端に違う人を目の当たりにしちゃってから、ね。

でも、モヤモヤを消化するには書いて書いて、取り繕ったり、カッコつけたりしきれないぐらい
書いてみりゃいいや、って事になりました。

目指している場所は一つでも、そこへ至るルートはたくさんあるの。
だから、色んな方法や道筋が選択できるようになっているの。
それを他のルートで行こうとしている人を批判したり、悪口言ったりしている暇があったら
自分の道をどんどん進んで行けばいいのに、って。
そしたら空いた時間でもっといいルートがあるかも、って他の手段やルートを試してみる余裕が出来る
かもよ!

今日は写真無しの地味ブログでどうもすみません。
文字だらけなのに最後まで読んでくださった方、どうもありがとうございました。

YOGAZARU




スポンサーサイト

体が縮こまるこの時期

今年は書くぞー!

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。