皆様こんにちは、大変お久しぶりでございます!
YOGAZARU、4月は一度も更新できず・・・。

今月はボチボチですが更新できそうです。
こんなゆるゆる更新ですが、読んでくださる方、ありがとうございます。

4月、新しい仕事が始まったり、これから始まる仕事の準備があったりで、もがいてました。
ヨガのレッスンて、自分の習った教えるスキルを全力で出し切ればいいだけの事・・・なんですが、1レッスン終わると自分が空っぽになった感じがします。
エネルギーを全て使い切る感じ。

今、受け持っているのが
・スマイルボディスタジオ(ヨガスタジオ)
・八王子テニスアカデミー(テニススクールでコーチと生徒さんにヨガ)
・自治会ヨガ(地元のヨガ同好会)
・八王子石の癒(岩盤浴場で常温!のピラティス)
・大月ヨガ(勤労会館と梁川ピラミッドメディテーションセンター)
・スポーツセンター(これは不定期)

ざっとこれだけの場所を行ったり来たり

場所は山梨だったり、埼玉だったり、都内だったり、都下だったり、とボヘミアンな感じ。

でも、どこで差し出すスキルも同じであり、違う。
求めらているヨガの内容、レベル、動きだけでは無く誘導する時の声のトーンや照明の調節まで全てが同じではないのです。
同じスタジオのレッスンでもそう。
その日に集まった顔ぶれで、体調のヒアリングで、事前に用意していたシークエンスやテーマとは全く違う事をやるなんてしょっちゅうです。

レッスンはLIVE!

私のヨガ哲学の師匠、中島正明氏の言葉ですが、本当にその通り。
こちらが思っている
『これが私のヨガだぜ!』
を押し付けるのではなく、レッスンに来た生徒さんに寄り添うと自然にそうなるのです。

水が器に沿う様に、周りの環境にスッとなじんでそこに同化すること。

建物、人、空気、全てにおいてその場に同化する、でも存在を消すのではない。
むしろ、馴染んで、前からずっとそこに居るような顔をして、惹きつけること、これが初めての場所でも堂々として、飲まれずにレッスンをやるコツでしょうか。

肉体の鍛錬のみを求められるクラスもあれば、心の癒しを重視して求められるクラスもある。
この一つ一つをこなし、マンツーマンのレッスンから、インカム着けてアリーナで70人相手にするクラスまで、全てが経験の積み重ね。
インカム着けてやるレッスンはなーんか違和感がありますが
それも有りかな?と思えてきた今日この頃。
何よりも、レッスンが出来る事が嬉しくありがたいのは、足を肉離れしてしばらく動けなかったお蔭。
体が動かせるありがたさ、そして思うように動かせない人の気持ちを汲みつつ、注意深くクラスを行う様になりました。
でも、臆病でチャレンジのないクラスにならない様に、そこは工夫してますよ!

DSC_0239.jpg
命のきらめきが美しい季節。
スイートピ―って高校の生物の授業で刷り込みされた植物ってイメージが・・・。

人も、草花も、動物も、生命力を溢れさせ、一年で一番輝く季節。
一日一日を大切に過ごしましょう。

今日もここまで読んでくださってありがとうございます。
YOGAZARU


スポンサーサイト

After GW !!

祈りと治癒力の関係は???

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。