皆さん、こんばんは、YOGAZARUです。
東京は雪からの雨、そして深夜に近い時間には月も出ていました。

松葉杖が先週の土曜日にとれてびっこを引きながらも、ほぼほぼ
通常の生活に戻りつつあります。が!!
しずしず歩きで、普段の三倍ぐらいのスピードで何もかもをやっています。
改めて、今までの自分の生活スピードが速かったんだな・・・と気付く。
松葉杖やびっこだと、信号が途中で変わることが怖い怖い!
いつもなら小走りで渡ってしまう横断歩道、必ず一つ見送っています。

20140926_100144.jpg
真っ直ぐ空に昇って行く龍のような雲@正月の大月

健康な時には気にもしなかった事が、とても重要な事だと気付いたりしたこの2週間。
時間の流れ方が変わって、なんか余計な力みも抜けました。

そんな中、まだ足は痛かったけど、どうしても参加したかった八王子のヨガスタジオの
『伝統的な古典ヨガ』のレッスン。
一番後ろで受けるから、足痛くて出来ないポーズあるけどレッスン参加しても良いですか?
と先生に許可を取り参加させてもらいました。
4000年以上の歴史のあるヨガ、そのヨガの古典は『アサナの形ありき』では無く、ゆったりと
人とも競わず、自分とも闘わず、快適な『心』と『体』の調和を目指すものでした。
緩やかで、負荷は軽いけど、その分自分の身体と精神の繋がりにじっくりと向き合えるような
じんわりと効くヨガでした。
レッスンに生徒として参加するのはまだまだ先、と思っていたけど思い切って出かけて良かったです。

春はもうすぐそこまで来ていますね。
体があらゆる変化に敏感なこの季節、ゆったりと体と心の声聞いてみましょう。

今日もここまで読んでくださってありがとうございました。

YOGAZARU
スポンサーサイト

節分にちなんで鬼退治ヨガ YOGAZARU

辛い?辛くない?二者択一? YOGAZARU

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。