こんにちは。お久しぶりのYOGAZARUです。
神猿
インド・リシケシの寺院の入口で番する神様っぽいサル

前回はサンカーラとは何か、について書きました。
簡単に言うとサンカーラは思考のパターンや癖、傾向、を指します。

では、そのサンカーラとどう付き合ったらいいのか?
ですよね

良くも悪くも、このサンカーラ私たちの思考のパターンなので行動様式を支配します。
そして、それに知らず知らずに縛られて自分の生活を本来より苦しく辛いものにしていたりします。

その縛りからの脱却・・・簡単では無いです。
ヨガをやっていたって、ヨガ哲学を学んだって、瞑想道場で100時間座ってたって、抜けない時は抜けない

ヴィパッサナ瞑想の合宿では、『あなたのサンカーラを滅却しなさい。その為には自分の身体の内側に外側に感覚を研ぎ澄まし、繊細に敏感になりなさい』と繰り返し説法を聞かされますが・・・その時は何の事だか正直分かりませんでした。

滅却しろ、って言われて滅却出来たら、最初から悩んだりしないし。
と、シニカルに思って座してた10日間合宿の前半。
で、自分が変わらなきゃ思考パターンて変えられないんだから、ねぇ。
『私、変わるわ!』
なんて素直に思う人は、こういう所に来ないんじゃないか?なんて思ったり。

で、話は変わりますが、サンカーラ滅却中ってチック症状ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%83%E3%82%AF%E7%97%87
のように身体に滅却に対する抵抗運動が現れたりするんです!!
それも、後で『あれがそうだったのか』と気付くのですが、私は身体の中に心臓があるのではなく、身体全体が心臓になったみたいに身体が揺れるんです。
とにかく、身体が制止できない。ずっと前後にゆらゆら。意識してそれを止めると左右にゆらゆら。
諦めてゆらゆらをほっておくと、身体がらせん状にユランユランと旋回し始めます。
私の友人の抵抗は、毎日スタッフの一番長の人が居る部屋に行き『ここから出たいここから出して!』と泣きながら訴えていたとか。
自分から志願して入ったのに、彼女の中では変な宗教組織にとらわれて洗脳されている!!ぐらいの焦燥感があったんだとか。

とにかく、自分で意識して『サンカーラ滅却してやるぜ!』と意気込んで前向きに滅却していた訳では無いですが、チック症状のような身体の動きが止んだのと、何かがスッと抜けたのはたぶん同時・・・。

このテーマ、次回③で終わる予定です

スポンサーサイト

YOGAZARU サンカーラ考③

ヨガザルのサンカーラ考①

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。