皆さんお久しぶりです!!
中々更新できず、悶々としていました

ここのところ、ヨガのレッスン場所やレッスン紹介の内容が多くて
ちょっと、ヨガ的マインドのシェアから外れていたし、内容薄かったので久々に気合いをいれて・・・と

すまん寝
内容薄くてすまんね、ごめんね、のタケちゃん

今日のテーマは『サンカーラ』です。
サンカーラとは、簡単に言えば人それぞれが持つ思考や感情の動きの癖・傾向を表します。
思考や感情のパターンだから、サンカーラによってその人の振る舞いなどもある程度決まってくる・・・。
このサンカーラが最も如実に表れるのはどう言う時か?

人が追い込まれたとき、もっと分かりやすく言うなら快適とは言い難い状況になった時に出てくるリアクション。
そのリアクションにはその人のサンカーラ、思考の傾向が出ているんですよ。
それは怒りであったり、
悲しみであったり、
無気力であったり、
逆に気力が出てやったるで!になったり、etc
その『感情の動き』とそれに対する『思考が決決定する行動』は人それぞれ。

感情と思考を一緒にしてしまっても良いのか?という疑問はここでは置いといて・・・。

自分の思考パターンの癖、向き合ってみたことありますか?

私は以前にも少し触れましたが、悲観的要素、悲しみに敏感に反応する癖が強かった。
と、あえて過去形なんですが。
悲しみの次に強かったのは『怒り』の要素だったかな~。

そういった自分の感情の動き方、またそれによって起こしている行動パターンについて
始めて意識したのはヴィパッサナ瞑想に行った時でした。

来る日も来る日も、人としゃべらず、目も合わせず、朝から晩まで座り続けていると
身体の色々な部分は痛みを訴えてくるし、その痛みが不安になってくるし、
そんなことをしようと思い立った自分に腹が立ってくるし、
自分で決めて来たくせに腹を立てている自分が悲しくなってくるし・・・、
やがて、指導者として前に座っているのにイビキをかいてるスタッフに腹がたってきて・・・。

と、いう経過を私はたどったんですが、この感情の動き、怒りの矛先を向ける対象を自分から他者にすり替える、という動き
これが私の『サンカーラ』だったんだ、と最後の日にハタと気付いたのです。

今日は時間が来てしまったので、続きは次回に持ち越します。
尻切れトンボでゴメンナサイ








スポンサーサイト

YOGAZARU サンカーラ考②

YOGAZARU と ヨガアラカルト@西荻窪

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。