こんばんは。
前回の続きです。

そう、ネガティブな起こりうることを予測して、それにポジティブに動けるようイメトレをする・・・。

これって、確かに必要な思考ではあるのですが・・・特にビジネスにおいては、ね。

でも自分の意志ではコントロールできないような事を色々考えて、不安や恐れを抱いて生活をする・・・ってなんだか、それだけでも精神が病んでいきそうな感じ、しませんか?
私は、そうでした。

親がぼけたらどうしよう・・・。
次のツアーでクレーマーのお客さんが居たらどうしよう・・・。
病気になって仕事が出来なくなったらどうする・・・etc

とにかく、不安材料を見つけては、そうなった時の対応・対策をイメトレ
これって災害に備えて常備品を装備する、ってのとは少し違うな、と自分でもさすがに気が付きました。

私は色々な感情の中でも、不安と恐れの要素が強い、と。

話しが少し変わるようですが、ヨガをやる人が好きな言葉に
『引き寄せの法則』
という言葉があります。
正直、私はこの言葉、ちと苦手

ヨガの人がこの言葉を使う時は、ポジティブな出来事が起こる時に使うことが多いのですが。
真剣に向き合っていたり、強く信念をもって継続していけばこの法則が働いて、自然と出会うべき人に出会ったりチャンスが巡ってきたりする、っていうアレ、です。
まあ、ここではそのポジティブシンキングを語るためにこのキーワードを出したのではありません。

そう、コンバットのようにネガティブな事例を想定して対応をイメトレしていると、それこそ『引き寄せの法則』が働いて居るがごとく、それが実際に起きてしまう、という。
その時に思うのは

『あーイメトレしていて良かった!冷静に対処出来るわ!』

ではありません、残念ながら
あーやっぱりね、あーあ。これだけです。もっとも、イメトレしてたから慌てずに、テンションも低くやっぱりね、で済んでいるのかもしれませんが

でも、四六時中不健康な思考の中で不安や恐れを抱いているより、困って慌てふためいてアドレナリンがブワァーって出て脇汗吹き出す方が健全!!って今では思います。

これを場当たり主義、と感じるか、生きてるってライブだぜ!って感じるかは人それぞれ。
私は、今ここ、目の前にあることでお腹いっぱい、という事に気が付きました。
先の事を憂う時間があるなら、後になって後悔しないよう今できる目の前のことを精一杯しよう!という事です。

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました
20140411_131536.jpg
スポンサーサイト

気功の大会ドタバタ顛末

不安や恐れと危機管理

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。