皆さんこんにちは、YOGAZARUです。

GWは如何お過ごしでしたか?
Golden Week だった方も、
Good Working だった方も、
Great Wanderings だった方も、
日常と非日常の切り替えはうまくいったでしょうか?

YOGAZARUのGWは、
新しく始まったピラティスのクラスがあったり、
2時間枠のスペシャルレッスンがあったり、
東陽町のフィットネスセッションに中尾和子先生のWS受けに行ったり、
梁川ピラミッドでヨガ後、皆でご飯作って食べたり、
実家で耳君(犬)竹ちゃん(猫)に遊んでもらったり、
サイクリングしたり、
洗濯したり、
掃除したり、
ご飯作ったり、
ってまあ、普通の輝かしい良い天気が続く日々、を堪能しました。

DSC_0245.jpg
サイクリング中に発見、河原の鯉のぼりと遅咲きの桜

最近レッスンの事をあまり書いて無かったので、この期間のレッスンで印象に残ったことなどを少し。

梁川のピラミッドヨガでクラスをスタートして早1年と6ヶ月。
第一回目からベビ連れで参加してくれてたMちゃんのベビも、もはやベビでは無くお子様、になってきました。
Mちゃんは、元々高円寺周辺で活動実績のあるヨガのイントラさん、子育てで自然あふれる環境に越してきて自然にまみれて生きています。
ここでの私のレッスンコンセプトは
『自然に帰る、自然を感じる、自然に感謝する、そして自分の身体を知る』
なんですが、今日は天気が良いから外でやるか~、レッスン中お子様が『バナナの皮剥いて~』って来ても動揺しない、何でもありね、なユルい感じでやってます。
でも、Mちゃんの鋭い勘、右脳の働きの良さから繰り出される言葉には左脳人間YOGAZARUいつも感心したり、ドキッとしたりなので、レッスン後のトークは結構重要。
そんなMちゃん、私よりもYOGAZARUピラミッドヨガの宣伝をしてくれて、生徒さんを連れてきてくれます。
特に、怪我(肉離れ)をした後のレッスンは、身体への効きが以前とは違う、
『理屈じゃない体への通じ方がアップした』
とのこと。
気の巡りや呼吸の流れ、促通したい筋肉の部位間の連携、そういったものが繋がって効き力アップ、なんだそう。

嬉しいじゃないですか!

20140926_100138_20150514124654237.jpg
こんな空の下で、陽射しを背に浴びてヨガ、気持ちぃ~のよ。

他にも色々書きたいことたくさん、小出しに更新回数増やしますね

今日もここまで読んでくださってありがとうございました。
YOGAZARU
スポンサーサイト

 皆様こんにちは、大変お久しぶりでございます!
YOGAZARU、4月は一度も更新できず・・・。

今月はボチボチですが更新できそうです。
こんなゆるゆる更新ですが、読んでくださる方、ありがとうございます。

4月、新しい仕事が始まったり、これから始まる仕事の準備があったりで、もがいてました。
ヨガのレッスンて、自分の習った教えるスキルを全力で出し切ればいいだけの事・・・なんですが、1レッスン終わると自分が空っぽになった感じがします。
エネルギーを全て使い切る感じ。

今、受け持っているのが
・スマイルボディスタジオ(ヨガスタジオ)
・八王子テニスアカデミー(テニススクールでコーチと生徒さんにヨガ)
・自治会ヨガ(地元のヨガ同好会)
・八王子石の癒(岩盤浴場で常温!のピラティス)
・大月ヨガ(勤労会館と梁川ピラミッドメディテーションセンター)
・スポーツセンター(これは不定期)

ざっとこれだけの場所を行ったり来たり

場所は山梨だったり、埼玉だったり、都内だったり、都下だったり、とボヘミアンな感じ。

でも、どこで差し出すスキルも同じであり、違う。
求めらているヨガの内容、レベル、動きだけでは無く誘導する時の声のトーンや照明の調節まで全てが同じではないのです。
同じスタジオのレッスンでもそう。
その日に集まった顔ぶれで、体調のヒアリングで、事前に用意していたシークエンスやテーマとは全く違う事をやるなんてしょっちゅうです。

レッスンはLIVE!

私のヨガ哲学の師匠、中島正明氏の言葉ですが、本当にその通り。
こちらが思っている
『これが私のヨガだぜ!』
を押し付けるのではなく、レッスンに来た生徒さんに寄り添うと自然にそうなるのです。

水が器に沿う様に、周りの環境にスッとなじんでそこに同化すること。

建物、人、空気、全てにおいてその場に同化する、でも存在を消すのではない。
むしろ、馴染んで、前からずっとそこに居るような顔をして、惹きつけること、これが初めての場所でも堂々として、飲まれずにレッスンをやるコツでしょうか。

肉体の鍛錬のみを求められるクラスもあれば、心の癒しを重視して求められるクラスもある。
この一つ一つをこなし、マンツーマンのレッスンから、インカム着けてアリーナで70人相手にするクラスまで、全てが経験の積み重ね。
インカム着けてやるレッスンはなーんか違和感がありますが
それも有りかな?と思えてきた今日この頃。
何よりも、レッスンが出来る事が嬉しくありがたいのは、足を肉離れしてしばらく動けなかったお蔭。
体が動かせるありがたさ、そして思うように動かせない人の気持ちを汲みつつ、注意深くクラスを行う様になりました。
でも、臆病でチャレンジのないクラスにならない様に、そこは工夫してますよ!

DSC_0239.jpg
命のきらめきが美しい季節。
スイートピ―って高校の生物の授業で刷り込みされた植物ってイメージが・・・。

人も、草花も、動物も、生命力を溢れさせ、一年で一番輝く季節。
一日一日を大切に過ごしましょう。

今日もここまで読んでくださってありがとうございます。
YOGAZARU


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。