一週間をちょこっと過ぎてしまいました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

先週は自律神経の話しをするつもりが、たどり着けず
ミラーニューロンネットワークとオキシトシンの説明で終わりましたね。

で、結局何が言いたかったのかと言うと
『人と一緒にヨガをするとミラーニューロンネットワークと言う脳の働きによって
オキシトシンってホルモンがドバーって出て、これは安心感や信頼感を増加させるホルモンだから
精神的に安定しますYO!』
という事でした。
ここまでが、前回までのあらすじ。前回記事へはhttp://yogazaru.blog.fc2.com/?no=46

今日の本題は、その次のステップデフォルトモードネットワーク(以下DMNと略)です。
これは何かをしている時の脳活動の様子を、ファンクショナルMRIで(機能的MRIhttp://www.asahikawa-med.ac.jp/dept/mc/neuro/fMRI%20kaisetsu.html)で撮影して分かったこと。

脳のエネルギー消費量は
『何にもしていない時に70%にも上る』
ちなみに、何かに集中している時5%、脳のメンテナンス中25%。
実は何にもしていない、何も考えていない時、脳は絶え間なく活動している!!
この時の脳の状態が
DMN(デフォルトモードネットワーク)
なんです。

じゃあ、DMNの時、脳は勝手に何をして70%もエネルギーを消費しているのかと言うと・・・
脳の後部帯状回にある内省・自我(=過去記憶)を司る部分と、内側前頭前野にある過去と現在の判断を司る部分と、
外側頭頂野の感覚・感情を司る部分、これを繋げて連結させているのです。

つまり、脳のアイドリング状態。
過去の出来事と未来の行動予定を繋げて、次の動作を予測する。

この連結で過去の経験則による思いと、未来にこれからしようとしている出来事、これを踏まえて
今、現在何をすべきか判断しているのです。

統合失調症のDMNは、この過去・現在・未来を司る脳の連結がうまく機能せず、過剰な活性化と
過剰連結が見られるそう。この過剰接続が社会性の無い思考や幻聴や妄想を生み出しているらしい。

うつ病のDMNは、この結合時に感情と記憶(外側頭頂野)の部分の結合性が高まり過ぎる。
くよくよと過去のマイナスな出来事にとらわれて、未来に対する肯定的な意識に脳が向かない。

アルツハイマー型認知症は、内側前頭前野後部帯状回の結合性と活動性の低下、脳内の委縮、によって
起きている。

と言うように、鬱や統合失調症も認知症も脳の活動の様子をFMRIで調べることで、科学的に判断を下せます。

さて、これだけ大切な内側前頭前野と後部帯状回の連結ですが。
これを促すのが、ゆっくりから素早い揺らぎがある、0.1~300Hzの揺らぎ。

メディテーションでは身体は10Hz前後の揺らぎになり、脳波のα波の揺らぎの周波数と一致します。
このα波の状態のメディテーション時、脳はDMN状態に入り、過去の記憶と未来に対する前向きな認識を
するべく様々な情報を連結するのです!!

ふぅ・・・。力説の後の虚脱。
他人や、ましてや自分の過去にペースを乱されない事。
これって簡単なようで中々難しい。
マインドの持ち方、って言ってしまうとなんか性格的なもので簡単には
治らなそうだけど、こうして脳科学として捉えると、なんとかなりそうな気がしませんか?

今日も長くなってしまいました。
次回に、で結局それが何なのよ?!という事で、セントラルオートノミックネットワークと自律神経
の話しに入りたいと思ってます。
では、また来週。
ここまで読んでくださってどうもありがとうございます。

YOGAZARU
えり☆BOO
スポンサーサイト

 皆さんこんばんは。
YOGAZARU、えり☆BOOです。

気が付いたら前回の更新が8月6日・・・1ヶ月以上更新の無いブログに出るスポンサー広告なんて出てきてしまいました

とうとう、ブログの更新も1回のみ、プールにも海にも行かずに終わった8月・・・お盆の最終日に実家へ日帰りし、送り火またいで即帰宅、が一番の夏らしいイベントでした

さて前回予告の自律神経のお話です。
予告の時点で考えていたのとは全然違うアプローチで書くことになりました。
何故なら、ものすんごく面白い講座を受けて目からハム(イタリアでは『目からうろこ』の事をこう言います。何故イタリアの言い回しなんだという突っ込みは置いといて・・・)、だったのです!

その講座とは
横浜・BMYヨガスタジオで開かれた、
石井正則医師の『ハンディキャップヨガ指導者の為の医学講座』www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp
です。
石井正則医師と言えばテレビの『世界一受けたい授業』などに花粉症の季節になると出てくる
面白いオジサン、というイメージですが・・・xn--5ck1a351q27u.jp/life/kafunshouishiimasanori/
実際に、おもろいおっさん、です

3時間しゃべり続けた中身の濃い講座内容をここでご紹介すると
①石井医師(言いづらい!)はある日両腕を橈骨神経麻痺でドアノブも回せない、お尻も拭けない状態になった
②医師である伝手を使いあらゆる治療法を試しても麻痺が治らないこと4か月
③整形外科医より医者であることをあきらめろ、と宣告を受けたのが切っ掛けで激しい無気力状態になりで緊急入院
④1ヶ月リハビリの効果が無かったものの、リハビリの先生が提案したヨガをしぶしぶやって、初めてピクリと手先が動いたことに感動
⑤そこから『なぜヨガが効いたのか?』興味を持って調べるように
⑥リハビリに取り入れたヨガの効果か今では完全復帰

この⑤⑥のプロセスに起きたことを、科学的に検証するために研究をまとめたのがこの講座の内容でした。
それはズバリ、脳科学と神経伝達と運動の関係。

対面によるリハビリが何故効果を上げたのか?から始まって、脳内ではその時どんな現象が起きているのかの解説。
これ、1人でやるリハビリと、インストラクターと生徒が対面してやるリハビリとでは脳内でスパークする神経系統が全然違うんだよ、と言う話になって行きます。

この時脳内では3つのネットワーク
①ミラーニューロンネットワークja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%B3
②デフォルトモードネットワークwww.nikkei-science.com/page/magazine/1006/201006_034.html
③セントラルオートノミックネットワークja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9E%A2%E8%87%AA%E5%BE%8B%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E7%B7%9A%E7%B6%AD%E7%B6%B2
が働くんです。

Causes_of_Autism_in_Brain.png
ミラーニューロンネットワークのある場所

今日は自律神経の話までたどり着けそうもないなぁ・・・。
ミラーニューロンネットワークと言うのは猿や人間の赤ちゃんがお母さんの顔真似、表情真似をする時にも活発になる脳の神経伝達網で。
インストラクター(以下イントラと略)による声の誘導を聴き、動きを理解しようとイントラを見つめて、動くことで感覚を統合し、そこに共感という感情が生まれる。

この『共感』という感情を沸かせるのに必要不可欠な脳内物質が
オキシトシン
です。
オキシトシンとは、安心感や信頼感そして共感を増加させるのに欠かせない脳内ホルモン。
出産直後のお母さんにもこれがドバーっと出ています。お乳をあげている時とか。
他にこれが分泌される状況は、人とハグをしたり、人の皮膚をさすったり、動物をなぜたりハグしたり・・・
つまりスキンシップをしている状態の時に分泌され易い。
あとは、親切心を起こしている時や感動している時、人と一緒に食事をしている時なども出やすい。

じゃあ、ヨガをやっている時はどうなの?となる訳ですが。
・一人でやるのではなくレッスンに出てやる
・イントラのアイコンタクトを感じる
・笑顔で
・イントラによるアジャスト(ポーズ姿勢の修整)のやさしい肌の触れ合い
・イントラのオープニングトークの感動や共感
等から、オキシトシンまたしてもドバーッとなる訳ですね。

大分長くなってしまったけどまだまだ自律神経にはたどり着けそうもないです(苦笑)
次回以降にご注目!
まだまだこの投稿続きます。

今日は尻切れトンボッぽいけど、ここまで読んでくださってどうもありがとう御座います。

1週間に1度のペースで更新頑張る予定です







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。