こんにちは。お久しぶりのYOGAZARUです。
神猿
インド・リシケシの寺院の入口で番する神様っぽいサル

前回はサンカーラとは何か、について書きました。
簡単に言うとサンカーラは思考のパターンや癖、傾向、を指します。

では、そのサンカーラとどう付き合ったらいいのか?
ですよね

良くも悪くも、このサンカーラ私たちの思考のパターンなので行動様式を支配します。
そして、それに知らず知らずに縛られて自分の生活を本来より苦しく辛いものにしていたりします。

その縛りからの脱却・・・簡単では無いです。
ヨガをやっていたって、ヨガ哲学を学んだって、瞑想道場で100時間座ってたって、抜けない時は抜けない

ヴィパッサナ瞑想の合宿では、『あなたのサンカーラを滅却しなさい。その為には自分の身体の内側に外側に感覚を研ぎ澄まし、繊細に敏感になりなさい』と繰り返し説法を聞かされますが・・・その時は何の事だか正直分かりませんでした。

滅却しろ、って言われて滅却出来たら、最初から悩んだりしないし。
と、シニカルに思って座してた10日間合宿の前半。
で、自分が変わらなきゃ思考パターンて変えられないんだから、ねぇ。
『私、変わるわ!』
なんて素直に思う人は、こういう所に来ないんじゃないか?なんて思ったり。

で、話は変わりますが、サンカーラ滅却中ってチック症状ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%83%E3%82%AF%E7%97%87
のように身体に滅却に対する抵抗運動が現れたりするんです!!
それも、後で『あれがそうだったのか』と気付くのですが、私は身体の中に心臓があるのではなく、身体全体が心臓になったみたいに身体が揺れるんです。
とにかく、身体が制止できない。ずっと前後にゆらゆら。意識してそれを止めると左右にゆらゆら。
諦めてゆらゆらをほっておくと、身体がらせん状にユランユランと旋回し始めます。
私の友人の抵抗は、毎日スタッフの一番長の人が居る部屋に行き『ここから出たいここから出して!』と泣きながら訴えていたとか。
自分から志願して入ったのに、彼女の中では変な宗教組織にとらわれて洗脳されている!!ぐらいの焦燥感があったんだとか。

とにかく、自分で意識して『サンカーラ滅却してやるぜ!』と意気込んで前向きに滅却していた訳では無いですが、チック症状のような身体の動きが止んだのと、何かがスッと抜けたのはたぶん同時・・・。

このテーマ、次回③で終わる予定です

スポンサーサイト

 皆さんお久しぶりです!!
中々更新できず、悶々としていました

ここのところ、ヨガのレッスン場所やレッスン紹介の内容が多くて
ちょっと、ヨガ的マインドのシェアから外れていたし、内容薄かったので久々に気合いをいれて・・・と

すまん寝
内容薄くてすまんね、ごめんね、のタケちゃん

今日のテーマは『サンカーラ』です。
サンカーラとは、簡単に言えば人それぞれが持つ思考や感情の動きの癖・傾向を表します。
思考や感情のパターンだから、サンカーラによってその人の振る舞いなどもある程度決まってくる・・・。
このサンカーラが最も如実に表れるのはどう言う時か?

人が追い込まれたとき、もっと分かりやすく言うなら快適とは言い難い状況になった時に出てくるリアクション。
そのリアクションにはその人のサンカーラ、思考の傾向が出ているんですよ。
それは怒りであったり、
悲しみであったり、
無気力であったり、
逆に気力が出てやったるで!になったり、etc
その『感情の動き』とそれに対する『思考が決決定する行動』は人それぞれ。

感情と思考を一緒にしてしまっても良いのか?という疑問はここでは置いといて・・・。

自分の思考パターンの癖、向き合ってみたことありますか?

私は以前にも少し触れましたが、悲観的要素、悲しみに敏感に反応する癖が強かった。
と、あえて過去形なんですが。
悲しみの次に強かったのは『怒り』の要素だったかな~。

そういった自分の感情の動き方、またそれによって起こしている行動パターンについて
始めて意識したのはヴィパッサナ瞑想に行った時でした。

来る日も来る日も、人としゃべらず、目も合わせず、朝から晩まで座り続けていると
身体の色々な部分は痛みを訴えてくるし、その痛みが不安になってくるし、
そんなことをしようと思い立った自分に腹が立ってくるし、
自分で決めて来たくせに腹を立てている自分が悲しくなってくるし・・・、
やがて、指導者として前に座っているのにイビキをかいてるスタッフに腹がたってきて・・・。

と、いう経過を私はたどったんですが、この感情の動き、怒りの矛先を向ける対象を自分から他者にすり替える、という動き
これが私の『サンカーラ』だったんだ、と最後の日にハタと気付いたのです。

今日は時間が来てしまったので、続きは次回に持ち越します。
尻切れトンボでゴメンナサイ








 皆様、こんにちは。
スッキリしないお天気が続きますがいかがお過ごしですか?

今日はYOGAZARUの活動報告です

YOGAZARU、毎週日曜日に西荻窪の松庵文庫さんの2階をお借りして10時から60分のヨガクラスをしております。
あと、仲間のヨガインストラクターと月例でやっているプチヨガ祭り、ヨガアラカルト、こちらはお問合せが多く定員4名の松庵文庫2階では手狭になったため、先月から同じ西荻窪の『アトリエハコ』さんに場所を移しての開催
アトリエハコさんはこちらから→ atelier-haco.com/
20140628_145126.jpg

広々していて窓も多くて明るいです!

6月28日のアラカルトはふふイントラのフェイシャルヨガが人気でした!
20140628_143831.jpg
いつも丁寧に表情筋の説明をする、ふふ先生。
この日は、顔にある経絡のツボの刺激もプラスされました!

そして、ちはるイントラによる太陽礼拝を深めよう!はこんな感じ♪
20140628_172112.jpg 
生徒さんのアジャストをする、ちはるさん。
皆さん、少しのアジャストで見違えるほどきれいな戦士のポーズⅡに!!
土台、足元の安定感と肩甲骨の可動域がカギです。

YOGAZARUの担当は1限のパワーブレスヨガ、写真は自分のレッスン中は撮れず
それだけレッスンに集中しているんですよ~!!
深い呼吸で目の前のヴェールが一枚はがれたよう、という感想が嬉しかったです!

はぁ~、ヨガって気持ちいいなぁ
この感覚を伝えたいです。安全に、そして快適に。

サルだって気持ちいいからヨガをする♪♪♪
saru5.jpg
いつも読んでくださって、ありがとうございます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。