こんばんは。
前回の続きです。

そう、ネガティブな起こりうることを予測して、それにポジティブに動けるようイメトレをする・・・。

これって、確かに必要な思考ではあるのですが・・・特にビジネスにおいては、ね。

でも自分の意志ではコントロールできないような事を色々考えて、不安や恐れを抱いて生活をする・・・ってなんだか、それだけでも精神が病んでいきそうな感じ、しませんか?
私は、そうでした。

親がぼけたらどうしよう・・・。
次のツアーでクレーマーのお客さんが居たらどうしよう・・・。
病気になって仕事が出来なくなったらどうする・・・etc

とにかく、不安材料を見つけては、そうなった時の対応・対策をイメトレ
これって災害に備えて常備品を装備する、ってのとは少し違うな、と自分でもさすがに気が付きました。

私は色々な感情の中でも、不安と恐れの要素が強い、と。

話しが少し変わるようですが、ヨガをやる人が好きな言葉に
『引き寄せの法則』
という言葉があります。
正直、私はこの言葉、ちと苦手

ヨガの人がこの言葉を使う時は、ポジティブな出来事が起こる時に使うことが多いのですが。
真剣に向き合っていたり、強く信念をもって継続していけばこの法則が働いて、自然と出会うべき人に出会ったりチャンスが巡ってきたりする、っていうアレ、です。
まあ、ここではそのポジティブシンキングを語るためにこのキーワードを出したのではありません。

そう、コンバットのようにネガティブな事例を想定して対応をイメトレしていると、それこそ『引き寄せの法則』が働いて居るがごとく、それが実際に起きてしまう、という。
その時に思うのは

『あーイメトレしていて良かった!冷静に対処出来るわ!』

ではありません、残念ながら
あーやっぱりね、あーあ。これだけです。もっとも、イメトレしてたから慌てずに、テンションも低くやっぱりね、で済んでいるのかもしれませんが

でも、四六時中不健康な思考の中で不安や恐れを抱いているより、困って慌てふためいてアドレナリンがブワァーって出て脇汗吹き出す方が健全!!って今では思います。

これを場当たり主義、と感じるか、生きてるってライブだぜ!って感じるかは人それぞれ。
私は、今ここ、目の前にあることでお腹いっぱい、という事に気が付きました。
先の事を憂う時間があるなら、後になって後悔しないよう今できる目の前のことを精一杯しよう!という事です。

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました
20140411_131536.jpg
スポンサーサイト

 こんにちは、2週間ぶりです。

今日はタイトルがちょっとヨガっぽく無いですが・・・
アサナや、呼吸法を実践するだけがヨガでは無いです。

アサナや呼吸法を通して体への意識が繊細になると、思考も感覚も研ぎ澄まされてきます。
そこでの『気付き』によって、どう生きるか、という哲学が理論と知識だけじゃなく身体で、感覚で分かってくるのです。

以前の私の仕事。
海外旅行の添乗・・・それはそれは色々な事が起こります。
一応、時間刻み、ひどいときには分刻みの旅程管理のタイムテーブルがあって、それに従って美術館の予約時間に間に合うように移動をしたり、レストランに入店したりするわけです・・・が。

所詮、人も、街も、旅も生き物ですから、予定通りにいかないことが多い。
迷子が出たり、怪我をして歩けなくなる人が出たり、渋滞に巻き込まれたり、来るはずのガイドが来なかったり、予定通りに着いたレストランがオーバーブックで席が無かったり・・・。

こんな状況も自分の遊びの旅だったら笑って済ませるのですが、背後に30人のお客様が控えているとなると顔が引きつるどころか卒倒一歩手前なぐらい心臓がバクバク、アドレナリンがブワァーと出て危機対策を瞬時にはじき出そうと身体が反応。

なので、添乗中は交感神経がいつもギンギンに優位で、ゆったりまったりの副交感神経は帰りの機内の座席に座るまで影を潜めています。
自律神経のバランスがおかしなことになっている訳ですから、睡眠のリズムだの排泄のリズムだのなんて、無いようなもんです。

そして、マインドは次第にそんなギンギンの戦闘態勢の状態に慣らされているので、段々とコンバットのような思考パターンになって行きます。
『もし、〇〇なことが起きたらどうしよう?どう対処しよう?』
という、危機管理という名のネガティブなイメトレです。
先に起こりうるバッドケースを思いつく限り予測して、その時にどう動くか頭の中でシミュレーション・・・。

勿論、ある程度は仕事を順調に進めていく上で必要な事ではあるのですが、ネガティブケースばかりを想定するようになると当然、メンタルが病んできます。
ネガティブな事が起きたときに、ポジティブに動いて切り抜ける為の術が段々と思考パターンをむしばんでゆくのです。

硬い内容で長くなったので、続きは次回に

下の写真は、食あたりで高熱と下痢で一週間寝込み、快癒を感謝してリシケシのガンジス川にプジャ(お供え)を流した時の写真。



NEC_0054.jpg 

流したとたんに、傾いて火のついたお線香が水没・・・・・・。

まぁ、これは危機では無いですが、予想外のトホホ・・でした。





 皆様、こんにちは。
昨日は真面目にヨガのレッスンを綴ったので、今日はインドにほぼ毎年行っていた頃の写真を。

昔のパッカン式携帯で撮影したものなので、画像粗目ですが

ガンガーとサル 
まずは、YOGAZARU一押し、リシケシのガンガー越しの夕日と黄昏る猿
神猿 
こちらは寺院ゲートの上で番人、神のような白い毛のサル♪
バナナを素手で持っていると奪われます

そして、水道から水飲む牛。
水飲む牛 
この後、牛がべろんべろん舐めた蛇口からインド人のオジサン普通にコップに水汲んで飲んでました

ジャングル夕日 
ジャングルに日が沈むと、こんなに鮮やかな空の色と熱帯植物のシルエットの美しいこと!!

今日はヨガよりインドの写真館的な内容でした。
ここまで閲覧して頂いてありがとうございます

 こんにちは

昨日は町田のスマイルボディスタジオで『痩せるヨガ』のレッスン日でした。


腸腰筋の覚醒と意識化』をテーマに、普段意識されない、でも大事な大事な筋肉を視覚的に意識した後動かしていく、そんな90分。
町田のレッスンは夜なので、間接照明にしてま~ったりした空気感の中で行うことが多いのですが、昨日は前半は蛍光灯も点けて、骨盤の骨模型と全身骨模型のホネゾー君にも登場してもらい、まず身体の中でどの辺にある筋肉なのかを確認
軽い全身のアップ、特に足と股関節のセルフマッサージは念入りにして、これから足を使うからね~目覚めてね~、と神経を覚醒させます。
アップの後は、軽く肩関節の調整と、腿の筋肉を使った座位のポーズで体内に少しづつ熱を生じさせ。

その後、段階的に腸腰筋を収縮⇒弛緩と持って行くために、トリコーナアサナ→ヴィラバードラアサナ1→パリヴルッタパールシュバコーナアサナをダウンドックを挟みながら。
そして、プラサーリタパードッターナアサナ(足を肩幅の2倍幅くらいに開き、鼠蹊部から身体を折って前屈軽く床に手を着き頭を下に脱力)で、股関節からしっかりと身体を曲げて頭を下げてブラブラブラ~。
脱力して、背骨を重力から解放してあげる束の間~。背骨を曲げずに、股関節からしっかりと骨盤を曲げて下を向けていると、腰椎や頸椎が重力から解放されて、本当に気持ちいい逆転のポーズです

その後は再び座位で、股関節周りのリラックスと発熱の等尺性運動
途中、ちょっとキツかったけど今我慢するとその後のシャバアサナが甘美ですからね~!!!!!!の掛け声に頑張って皆様ついてきてくれました。
シャバで寝落ちした生徒さん、7名中推定3名
安眠の百会のツボ押しをしたから寝落ちした、という言い訳ができるよう、シャバ導入のハンズケアは百会にしたので~。

終わった後の、なんかスッキリしました!、と至福の時間でした~、という生徒さんの感想にキュンキュンしました
レッスンを受けに来て下さる生徒さんがいるから、私はここでこうしてヨガと向き合える、そんな思いで満たされた火曜の夜でした。前屈サル
前屈するさる~♪ しかし足の指長っ!

今日もここまで読んでくださりありがとうございました。

 皆様、1週間ぶりでございます。

草花の美しい季節なので、実家でアニマル(主に犬)孝行兼自然の風景の写真を撮りに行ってきました。
次回、そちらの写真はアップします

YOGAZARU、インドでも牛やらサルやらのアニマル写真撮りまくりでしたが、日本でも携帯のアルバムはほとんど草花と犬猫。

太陽礼拝
で、普通ならここでインドの牛とか犬の写真アップするよね。
なのに、ムンバイ空港の太陽礼拝のシークエンス銅像写真をアップ

何故なら、どの写真も2MB越えしててアップ出来ず・・・次回までに研究します!

20130325_121130.jpg
こちらは、リシケシ清潔食堂のキッチディーとラッシー。
日本人が風邪ひいたり、お腹壊すとおかゆを食べるように、インド人にとってキッチディーは身体を休めたい時の優しいメニュー。

この食堂のは野菜がたくさん入っててクリーミーで、元気なときでも食べたくなる味だった。



そうだ、YOGAZARU@BIG MOON と YOGAZARU@松庵文庫の予定です!!

@松庵文庫 on Sunday 11:00~

5月18日/25日 6月1日/15日/22日/29日

@大月勤労青年センター図書ホール on Thursday 18:30~

5月15日/22日/29日/6月12日/19日/26日 


@梁川ピラミッドメディテーションセンター on Friday 13:30~

5月16日/30日/6月6日/13日/20日/27日



何故か、下線が消せなくなってしまいました


途中から読みづらくてゴメンナサイね
すまん寝 


今日もここまで読んでいただき、ありがとうございます

 おはようございます!
お天気のいい連休、嬉しいですね

昨日は、お天気を満喫するべくヨガ友が主催した、パークヨガ@葛西臨海公園観覧車の裏手、に参加♪
観覧車前のポピーの花畑は満開だし、松ノ木の枝から除く木漏れ日と空は青いし、風はさわやかだし、もうMAXで外ヨガ満喫しました
本日の主催者さんは、私の敬愛する内田先生のクラスで知り合ったイントラさん。
ハンドスタンディングのペアを組んだのが切っ掛けで仲良くなりました。
ペアワークやりやすいイントラさんて、クラスの雰囲気作りも上手で、先生と生徒さんだけでなく、生徒さん同士の距離感も近い方が多い気がします。
とても気づきの多い、気持ちの良い2時間!!!

松と足
他にもっといい写真あるけど、2MB超えててアップできず・・・

そして、パークヨガからのフィットネスセッション@東陽町YMCA。
潮見駅から歩き、ギリギリの到着。
お目当ては、中尾和子さんのWS。私の気功の先生が昔からファンで、京都でGボールの普及活動をされている方。
昔は日本を代表するボディビルダー、エアロビなどのフィットネス界では有名で。
町田のスタジオ代表であり、私の気功と陰陽五行の先生からは、
『とにかく話が上手でWSもあっという間に退屈させずに数時間経つから、一度勉強に行ってみなさい』
と全面推奨されていまして。
それにプラスして私が興味津々だったのは何よりも、町田のスタジオに貼られているポスターの姿!!
Gボールに身体を委ねているその姿は、すらりとして、コアがあって、とかく修整が多い宣材写真ってのを割り引いてもお美しい。
これで60歳超えてるって、やっぱり、実物、拝見しなきゃ・・・と、YOGAZARU向上心+下世話な好奇心。
現在御年62歳だそうですが、スタイルは米倉涼子、お顔もつやつや、声も張る張る
人を引き付ける話術、実技のGボール技の体験のさせ方、強引じゃなく自分の世界に連れていくあの感じは勉強になりました。


他にもヒモトレのWSなんかも受けてみて、ヨガのレッスンにも生かせそうな知識を吸収する一日でしたが・・・。

最後の最後に嬉しかったのは、物販コーナーでこれを発見・即GET

ヨガ本1
アサナの時の筋肉がどうなっているか、一目でわかります!

ヨガ本2
どこの筋肉がどう使われているか、より意識して動けます!

また、シークエンス考えるのが楽しみになってきた!!
6日の火曜は町田のスタジオで連休最後の日、って事でいつもの『痩せるヨガ』が
『デトックスヨガ』と一日だけテーマ替えして行われるので、これ見て戦略を練ります~
今日もここまで読んでくださって、ありがとうございました♪♪♪
皆様、良い休日を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。