読んでくださっている皆様、お久しぶりです!
世間では、ちらほら桜まで咲き始め時間の経つのが早いこと!!

20日のヨガアラカルト、21日の梁川ビジョンマップ、24日と今日27日のテニススクール生さんへの解剖学的ヨガワークショップ、と一週間全力で駆け抜けました

一週間にイベント4つは
『ちょっときついかもー?!』
とは思いましたが、やれる!!と信じればやれる!?の気持ちで走ってみた
結果、走れてしまった!! 

やり切った感がありますが、もう次の準備にも取り掛かり始めている自転車操業。

で、ヨガアラカルトの報告でしたね
小さい場所なので、沢山の方においでいただくのは難しいのですが、各回ほぼ定員数で
『色々なヨガを体験して頂きたい』
というコンセプトに沿った、複数レッスンを受講して下さる方がほとんどで、やりがいがありました

ご参加くださった皆様、どうもありがとうございました!!

松庵文庫の二階の和室にて
アラカルト

写真は3限のフェイシャルヨガの様子。

20140320_154827.jpg

こちらは4限の癒しのハタヨガ、ダウンドック綺麗に皆様できてますね!


皆さん、終わってから

『面白い所でやりますね!』
『次のクラスも空いてますか?』
『次はいつ開催しますか?』
『ダウンドックの時の正しい腕のアライメントは?』
『ヨガではどうして呼吸呼吸と言われるの?』

等の、日ごろの疑問や、情報交換も狙い通りできて、何よりでした。


次回のヨガアラカルト開は、4月26日土曜日、皆さんのご参加・お問合せ、お待ちしております











スポンサーサイト

 中央線沿線のヨガ仲間5人が集まった、Yoga a la carte♪ @松庵文庫 がいよいよ明後日になりました

嬉しいことに各回とも定員でほぼ満席になりました(ヨガマットを敷く必要の無いフェイシャルなどはまだ受付可能です!!)

後は、5人の講師たちが当日しっかりと皆様にヨガの楽しさ、気持ちよさ、奥深さに目覚めていただけるように、万全のコンディションで臨むのみ、です


何しろ、レッスンの無い講師は松庵文庫のカフェで待機していますので、ヨガについてもっと知りたい!とか、私に会ったヨガって何かしら?とか、ヨガ関係の質問にお答えします♪♪♪

質問なんか無い、って方も松庵文庫さんのランチはとってもヘルシーで丁寧に作られていて美味しいので、是非味わっていただきたいです

私のおススメは、ベジサンド、モッツァレラチーズとトマトのサンドイッチプレートですがボリューム満点で大好きです!
これに、ピリッとジンジャースパイスの効いたマサラチャイの組み合わせを松庵の午後の陽射しの中でいただくのは至福のひと時です。

仲間のお気に入りは、ポークリエット(フランス風お肉のパテの呼び方)をたっぷり塗ったバゲットサンド♪


早く明後日ににならんかなぁ~
楽しみ過ぎて、もうどうしよっ
後日写真をアップしますね~!


前回に引き続き、どうして引き気味だったマントラを積極的に唱えるようになったのか?の分析、ですね

元々、全てのマントラがダメだった訳では無いんです。
インド リシケシのスレンダー・スリン師のレッスン前のオープニングマントラはサンスクリットでもなんかしっくりくる響きで、その後に英語で

『この意味は、ここに集い一緒に学び・喜び・食べる。共に生活をしている仲間に感謝し、分かち合いましょう』

という意味です、と説明がありました。(だいぶ昔の事なのでややうろ覚えですが)
この意味に心が共鳴するのか、マントラの響きにしてるのかは分かりませんが、これが『じ~ん』と身体に沁みるんです

でも、シヴァナンダ道場で、一斉に集まった瞑想の時間の前後のマントラ合唱会にはちょっとアレルギー起こしつつも、やはり聴いているうちに好きになるものとそうでないものがあることに気付きました。
私の場合、唱えていると気分が良くなるマントラは大体、意味の英訳が教本にあり、理解できるものでした。
反対に、ちょっと受け入れがたいな、と感じたものはひたすらヒンドゥーの神の名前を連呼したりする繰り返し系のもの。
今ではこれも 『あり』 になっているヨガザルですが、昔は激しく抵抗が・・・。

この頃は、全ての物事を頭で理解できないと受け入れられなかったのですね。
理屈や、原理を理解して、自分の頭の中の物差しで判断しないと受け入れられなかった。
見たまま、感じたままを、『判断する』というフィルターを通さずに『ただ観察して、受け入れる』この状態になってからマントラの好みは、その意味内容よりも音としての響きと旋律の心地よさ重視、に変わって行きました。
音そのものが持つパワーやエネルギーを、マインドでは無くハートで感じられるようになった、という事でしょうか。

その自分の変化の過程がイコール『どうしてマントラアレルギーが無くなったのか』の答えな訳ですが。
これは


『どう? 私ってこんなに身体柔らかくてこんな難しいアサナも出来ちゃって凄くない?!』

ってヨギーだったヨガザルが

『アサナは自分の身体の能力を試したり誇示するためのものではない。自分自身という神をいたわるためのものだ。』

と変化していった事と無関係ではないと思います。
肉体的にキツいアサナ(ポーズ)や、出来ないアサナを克服してやろうという気持ちより、出来ない自分を受け入れよう、という心の変化。出来ない自分を受け入れる、というのは出来ないままでいいや、という諦めとは違います。
闘いとして克服する事に取り組むのではなく、今は出来ないけどいつか出来るようになればいいなというスタンスで付き合う、という感じでしょうか

自分の中でヨガに対する思い、重要度が変化していくにつれ自然にマントラが 『微妙なもの』 から 『心地よいもの』 に変わって行き。
自転車漕ぎながらマントラ唱える42歳の不審(?)な人、が誕生した訳です。
あ、でも信号で止まっている時や近くを並走する人が居る時などは自粛してます
一応、その辺のバランス感覚は、健在です。

今日もここまで読んで頂いて、ありがとうございます
続きを読む

皆さん、お久しぶりです!

今日は朝から雨、だけど雪じゃなくてホッとしている
自然から学んだこと、経験したことで雨が嫌なものとして捉えられなくなった自分に気付き。
 
以前にも書きましたが、ヨガを始めたばかりの頃の事。

私のヨガとの向き合い方はあくまでも

『ヨガは数あるスポーツアクティビティの一つ。マントラ唱えたり、哲学的なこと言っちゃうのは勘弁。』

というスタンスでした。

今では片道30分の自転車通勤中、ずっとAUMやアシュラムで歌ってたマントラ唱えてみたり、ウジャイ呼吸しながら自転車漕いでたり・・・
天気の良い日の朝は、これの気持ちの良い事ったら!!

私のクラスでは、必ずスタートとクロージングでAUM を唱えます。3回唱和の時もあれば、1回にする時もありますが。
一応、AUMのマントラの唱え方の説明と目的から入り、そもそもAUMのサンスクリットの意味は、を簡単に説明しますが・・・・・

唱えない生徒さんは多いです(苦笑)
時には、私の声だけが響いている時も(さらに苦笑)

でも、それで全然良いのです。唱えることに抵抗があるうちは、唱えなくて良い、何故ならその人の『今』にそれが不要だからです。
且つて私がそうだったように。

インドのアシュラムで瞑想の前や後に唱える、マントラのお歌。
歌詞が英語で書かれた教科書も回ってきますが、そっちを目で追うより、トランス状態でノリノリで唱和しているインド人生徒の様子にドン引きしつつ、でも目が離せなくて、

『うわっ、頭グルんグルん振っちゃてるよ!』
『げっ、なんか誰よりも声張り上げててこの人ビミョー!しかも音程はずしてるし!』
『タンバリンとかマラカスって、カラオケボックスじゃあるまいし』


とブラックさ満載だった私の過去を思えば、AUM唱えないくらい、なんてこと無いさ!!

そんな私でも、レッスン前のAUMは当時からしっかり唱えていましたが・・・。

お腹の底から『オー』と息を吐き出して、唇を徐々に閉じていき最後に鼻からハミングで『ンーーーーー』
と息を抜いていると、二酸化炭素を吐き切れて呼吸が深くなって、息が吸いやすかったから。
そして何より、『んーーーーー』の時に頭蓋骨に響くバイブレーションがとても気持ち良くて。
だから、私はAUMは、日常の生活とヨガの時間を切り替えるスイッチとして唱えるんですよ、と生徒さんには説明しています。

なんで、そんなブラックだった私がノリノリでマントラ唱えながら自転車漕いだりするようになったのか?
の分析は次回に。



 ごめんなさい、更新滞ってました

3月のYOGAZARU@松庵文庫は、2・9・16・23日 ㈰ 午前11時~12時の開催です。2日はお陰様で定員数に達しました。
9・16・23日はまだ少し空きがあります。

そして、3月20日㈭ 10時~17時まで松庵文庫では、ヨガ ア ラ カルト!! と題したプチヨガ祭りを開催します

これは、中央線沿線に住む5人のヨガインストラクターが集まって、交代で色々な種類のヨガを気軽に、幅広く楽しんでもらいたいとう気持ちで企画しました!

皆さん、

ヨガって色んな種類があるけど何が自分に合っているのか分からない・・・

ヨガに流派やスタイルの違いがあることすら知らなかった・・・

ヨガスタジオで提供されているプログラムはどうやって選べばいいの?


そんな悩みや質問にお答えするべく、企画しました。

1限から5限まで、世代も経歴もそれぞれ特徴的な5人がおススメするヨガプログラム。

私は2限目11時~の70分間、呼吸法で目覚める身体、というタイトルでレッスンをします

体中に酸素が行き渡り、終わった後には瞳がキラキラ、頭もスッキリの70分、体験しませんか?

また、1つ目のレッスンは1,500円ですが、2つ目からの受講は1,000円になります

気軽にいろいろ試して頂きたいので、3種類のクラスに出ても3,500円と大変 ク!!

2限と5限、と間を空けてレッスンを予約して間は松庵文庫の北欧風と和風の絶妙な内装のカフェで美味しくヘルシーなランチをしながらヨガについてインストラクターに色々質問も出来ちゃう、そんな機会は中々無いですよ~

皆様のご参加、心よりお待ちしております♪

今日も読んでくださってありがとうございました!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。