皆さんこんにちは、YOGAZARUです。

最近肩がこるわぁ~なんて方、寒さで体縮こまってないですか?

ついでに心の方も一緒に縮こまっていたりして。

寒い時期に、私がご高齢の方のヨガレッスンでおススメしてるのが

『たすき掛け』

です
20140921_180745.jpg
これはたまたま、背中がたすき掛けっぽくなってるウェア。
基本、シャツの裾をズボンにinして、オシャレ感薄いYOGAZARUもたま~にこういうの着ます。



日本古来の伝統たすき掛けは、着物の袖を汚れないようにあげておくためだけじゃないんです!


寒さや、体の前面を縮めて使う事の多い家事の時
肩が前に巻き込まず、後ろにスッと開いたままで、
胸を開いて作業が出来るのです。
呼吸も深いままで作業できるので、運動効率も良い!

ただし、一日中ずっとしているのはNGです
何故なら、身体がそれに頼り切って怠けてしまうから。
しっかりと、自分の筋力で体の背面と全面のバランスを保ち
肩甲骨を引き下げ、首を伸ばす、それをたすきが無いと出来ない体にしてしまいます。

体が『この姿勢は気持ちいいぞ!』と気付かせるために、
前に巻き込みがちな家事を一つか二つやる時だけ程度にして、
あとは体がその姿勢を維持しようとする力を養う事。

常に何かに頼ってしまう体にしない事!

あと、たすきと似て非なるもの・・・。
ガードル・姿勢矯正下着、など。
線でなく面で身体を締め付けると、その部分の血行は阻害されます。
そして、何より肌に近い所にそれを着けていたら、すぐに脱いだり出来ない!
たすきは、さっとして、さっと外せる所。
食い込んで痛いような紐じゃなければ、着物の腰ひもでもなんでも良いのです。
補正下着なんかより、安価で手軽で、すぐ出来る

バランスポーズが苦手でフラフラ安定しない生徒さんが、たすき掛けして試したところ
バランスキープ時間が長くなりましたよ~!

ブーブブッ ブーブブッ ってBGMでおなじみの、ダイエットのビフォーアフターを見せる例のあのCMも
ビフォーの時はわざと、肩を前に落として、猫背にして、顔の表情もみじめっぽくしてますね~。
実際、身体を前にかがませると、頬も下垂してきて法令線が深く濃くなる気がします。

深くて濃いのはコーヒーだけでよか!
(↑博多大吉のスピーチのコントっぽく読んでください。)

話しは戻って
胸が開いて、腰が反りすぎもせず、前かがみ過ぎもせずに正しい重心で姿勢がキープできるようになると
実際に心もストンと落ち着くところに落ち着いて
くよくよ悩んだり、ネガティブな方向に思考が向いたりしなくなるもの。
人生の時間、大切な事に有意義に使うために、身体にしてあげられること、考えましょう


ちなみに、鉢巻、酒屋さんやお米屋さんがしていた腰巻のような前掛けもたすき掛けと同じ理屈があって身体を保護しているんですyo!
今日もここまで読んでくださってありがとうございました。

YOGAZARU

スポンサーサイト


皆さんこんにちは!
あれやら、これやらしていたら、あっという間に夏を飛ばして秋です!

夏の暑い間の事は置いといて(そのうち報告します)、スーパームーンと福山雅治の結婚で
世間が騒めいていた9月29日、武蔵五日市の檜原村へ滝行に行ってきました。
インストラクター仲間の4人で、気心の知れた、半分遠足気分、半分修行気分
滝行ブログ2
打たれてます

滝行は、きちんとした神職の師匠、宮司さんが指導してくださいます。
今回の私たちの師匠は飯能の天神社から来ていただいた西澤形一師匠。
エンターティナーで、博識で、色々な宗教に精通していらっしゃるので、話題も真面目な宗教論からオカルトチックなものまで幅広く九頭竜神社への道中もあっという間でした。

九頭竜神社にまずはご挨拶のお参りをします。
ここで滝行のお作法を習い、締めに行う船漕ぎ体操(なんで船漕ぎ体操なのかは長くなるのでこちらへ)の練習もしました。

滝行一回目は、自分の犯した罪・穢れを祓い浄める。滝行中は神道の祝詞の
「祓い給え 浄め給え 守り給え 幸い給え」
の『祓い給え 浄め給え』だけを三回唱えます。
第一ラウンドは、初めての水の重さ・冷たさ・体幹体軸の吹っ飛ぶ感覚に無我夢中。

滝行二回目・三回目は、穢れを祓って、空になった器に自然の恵みを受ける気持ちでただただ謙虚に水を受けます。
この時はそらんじられれば般若心経を唱えます。
師匠とそのアシスタントさんがすぐそばで唱えてくれている般若心経も、水の音にかき消されてほとんど聞こえず。
あぁ、こんなうろ覚えでは無くしっかり暗記していれば良かった、と思いました。

滝に打たれている時の、肌の感じる冷たさや圧力。
耳には滝のすさまじいまでの水音。
目を開けていても、視界は白く遮られ。
口には否応なく滝の水が流れ込む。
鼻には息をしつつも水と苔の匂い。
五感+意識に圧倒的に迫る、非日常感。

滝の中ではこれを感じている余裕は、無い。
まさに『無』。
滝から出てきた瞬間に、滝の中で味わっていたはずだけど
閉じられていた感覚がうわっとよみがえってくる感じ。
滝行ブログ1 

そして、浴びている時の冷たさよりも、次のラウンドまで仲間がやっているのを見守って
待っている間が寒い!!
おこりのように、身体がガタガタと震えてきます。
火の呼吸をしてみたけど、寒さでひくひくしているだけ、火の呼吸になってるんだか無いんだか・・・。

希望と参加者の体力が大丈夫、と師匠が判断すれば第四ラウンドもあるのですが、第三で終了に。
滝から出た直後の身体がジンジンと熱くなる感じ、
打たれて叩かれていた場所が、しっかり主張してくる感じ、
そしてそして何やら脳内麻薬が出てテンションが上がってくる感じ。
この微妙な高揚感やら、肉体の出す限界ブロックの外れる感じやら、大丈夫かどうかを滝行指導者はちゃんと見極めていてくれてます。

滝行、お手軽に一回体験したくらいで色々変わったら簡単じゃん、と思うでしょう?
でも、結構ビフォー滝行とアフター滝行、感覚に、意識に変化があります。

終わってからは浅間荘さんでお風呂に入って、美味しい鮎とビールと鹿肉の燻製
DSC_0972.jpg DSC_0975.jpg 

くよくよしたり
なんだか気分が上がらない
仕事のストレスから目を背けられない
そんな時は思い切って
非日常過ぎる事にトライしてみると
視点が変わって、気分も変わるもの。

次回皆様とお目にかかる日まで、皆様がどうか健やかに過ごされますように!
今日もここまでお付き合いくださって、ありがとうございました。
YOGAZARU



続きを読む

 皆さん、こんばんは。
もう、厳密には昨日の事になりますが・・・1月20日(火)は新月でした。

満月から、色々なものを手離して、そぎ落とされて、やがて底を打った時
月は一端その姿を消し、やがて徐々に満ちていく力となってゼロからのスタート。
そう、新月はリセット状態、ゼロから再び満ちていく期間の始まる時です。

満月→新月のタームは手離す、整理していく時。
新月→満月のタームは身に着けていく、吸収していくとき。

私はと言うと、まさに新月の前日、バッサリと仕事の上で大きなものが切り捨てられ
その直後にやってきた大きな仕事の波。

ちょっと自分でも納得していなかった仕事
でもしがらみから自分からは切り捨てられなかったものが
向うから、あっさりと私の手を離れて行きました。

何なんでしょうね、こういう『ふっ』と何かが自分の人智の及ばないところで
作用する感じって。
『引き寄せの法則』ってヨガ関係者が良く使う言葉、あまり好きじゃないんで。
じゃあ、何と言ったらいいのかこういう現象は。
私の感覚では
『自分でコントロールしようとしなくても、結構うまく転がるもんだ』
と言う感じ。
添乗員時代に何もかも、分刻み秒刻みでぎっちぎちにコントロールしようとしていた
自分からは想像もできないです

そうそう、今日は嬉しいニュース2つ。
一つ目は、町田のスマイルボディスタジオの『痩せるヨガ』のレッスンに復帰しました。
肉離れはまだまだ完治していません。正直びっこを引いている足でレッスンするのは
生徒さんに失礼じゃないか?
と悩みましたが、
『同じようなケガをさせない為にも生徒さんにその経験を伝えて、口頭のインストラクションだけでもしっかり動けるような誘導をしてみなさい』
というオーナーの言葉に背中を押されました。
スタジオの準備や片付けを手伝って下さる生徒さんには、ありがたいし申し訳ないし、でしたが・・・。
しかし、ほぼ寝たきり&引きこもりだったこの一週間。
今日はしみじみ、レッスンで皆さんと過ごせることの幸せを噛みしめました。
人間たまに怪我をしたり病気をしたりで、謙虚になれますね。
怪我とか病気って、心のリセットのチャンスかな。
『なっちゃったからには仕方がない・・・ToT』ここから執着心がすぅーっと抜けて行く感じ。
今日レッスンに来て下さった生徒さんには、心から感謝です。

二つ目は、私のヨガのティーチャートレーニング養成校のFBで卒業生の活動を取り上げて紹介してくれるのですが、YOGAZARUが卒業生ファイルNo.009として取り上げられました。
よろしかったらクリックしてみてね!!
実名・顔出しなんで恥ずかしい限りですが・・・。

仕事が少し手を離れたので、だいぶ楽になりました。
これから更新する機会、ちょっと増えるかな♪♪♪
841494やまかわえり (2)
今日もここまで読んでくださってありがとうございました。

YOGAZARU

皆様、お久しぶりです。
とうとう、12月に一度も更新しないまま、年は2015年に・・・。
せめて、明けまして・・・のあいさつ中には更新、と思っていたら松の内が七草が過ぎ鏡開きが終わり・・・。
トホホ・・・って口語では使いませんな、近年。

ネタが無かった、と言う訳ではありません。
むしろあり過ぎて
ブログに書きたいような事があると、家路につく道すがら文章を頭でざっと考えて、
今日のテーマはこれだな
ここから入って
切り口はこうして
と、ざっとシミュレーション。
で、書いた気になって満足してしまうんですよ・・・。
脳内徒然日記状態。

なので、去年から書きたかった、書いたつもりになった事をここらで綴ります。

師走も迫って来ると、スタジオに足を運んで下さる生徒さんも少し数が少なくなります。
きっと忘年会とか年末進行とか色々あるのでしょう。
そんな時は、逆に来た生徒さんとレッスン後に思わぬ会話が弾んだりして、それはそれで
嬉しいもの。
そんな時に味わい深い事をおっしゃられたM子さん。

『若い時に信じてた幸せと、今感じる幸せって全然違うんですよね。
若い頃は、ちゃんとした企業に勤めている人と結婚して子供を産んで・・・って
でないと絶対幸せじゃないって思ってて。あと、年を取るのも怖かった。
若くないと人生終わりで、今の自分の年齢ぐらいの人って何が楽しくて生きているんだろう?
ぐらいに思ってました。
自分がその年齢を越えてみたら、映画を見ても、本を読んでも、絵を見ても、
何もかもが味わい深くて・・・若いときには全然湧かなかった感動がじわじわ込み上げてくるんですよね。
歳をとる、ってこういう事だったのか~、って今頃分かりました。
それに、人の役に立てる、人に何かしてあげられる、って事がこんなに
嬉しいなんて。若い時に考えていた幸福像とは全然違いますね。』

と。
この方は、お仕事はカウンセラーをしてらして、主に生活保護を受けている人の
生活基盤の立て直し指導なんかをしているらしいのです。
ご自分が対応した方が、段々と生活を立て直して行き、自立出来た時の嬉しさは
ひとしおだそう。

私も、去年からのテーマ
『相対的じゃなく、絶対的な人間の幸福感って何』
でしたから。
世間から見たら、鉄板で億万長者、社会的地位もある、なのに、全然幸福感・充足感を感じていなくて
それが生活全般の立ち居振る舞いに表れている高齢の夫婦。
だからこの夫婦、かなりの社会的地位にありながら、関係者から尊敬されていないんですよね。
その人たちを見ていて、お金って、地位って、人を幸せにするどころか不安にするんだ・・・と呆れつつも
何だか哀れで。
その頃から、じゃあ私の幸せな時ってどんな時だろうって。

それは、人と激しく共感・共鳴した時。

会話でも、読書でも、SNSでも、映画でも、音楽でも、
何かしら
『そうそう!それそれ!私もそう思いますっ!!』
ってなった時、脳内にドパーッと放出される物質が。
今日は科学的な分析は置いといて。

人と分かり合えてる、何かを分かち合えてる、という安心感と一体感。
これは人の心を安定させ、安らぎをもたらします。
でも、これって非言語コミュニケーションでも可能。
分かり合うって、思想を一体にする、ってだけじゃないので。

異人種間、異種生物間でもこのコミュニケーションは成立します。
だから、ヒトとヒトとのコミュニケーションも、必ずしも言語が必要不可欠
と言う訳では無く。
私は、犬族・猫族と居る時の一体感(こっちが一方的に感じているだけでは決して無い・・・ハズ)
も、人間と共感できた時の幸福感に勝るとも劣らない至福の時で。

言い訳する訳じゃないんですが、新年早々我が愛犬と散歩中。
幸福な一体感に包まれてテンションも高く、田舎の農道一人と一頭、散歩と言うか走っていたというか
スキップしてたというか・・・思い切り左足ふくらはぎ肉離れをしました。
全治4週間です。

松葉杖ついてちょろちょろ仕事行ってたら、痛みがひどくなってきて
頼める仕事は代行頼み、ひたすら家に閉じこもっています。
プロ失格。
でも、痛めた身体を丁寧に扱う事、故障やケガをしない様に身体を取り扱う事。
そして、何よりも、
通常通りの、日常当たり前に出来ることがやれる
これが一番の幸せだ!
って事に気が付きました。
ボチボチ更新ですが、2015年もどうぞよろしくお願いいたします。
今日もここまで読んでくださって、まことにありがとうございます。
写真は、ヴィディラアサナ(猫の呼吸)してたら、竹ちゃんが共感したのか
inしてまったり始めたよ~、の様子。
blog3.jpg 後ろがごちゃごちゃなのはスルーしてね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。